永遠の絆

結婚後、婚約指輪はどうする?

婚約指輪は婚約期間に着ける指輪だから、結婚後はつけないのかという疑問を持っている人がいるようですが、
それはあまりにももったいなさすぎます。
第一結婚後も婚約指輪をしていてはいけないということはないのです。

はじめから結婚後も着けていられるようにと結婚指輪との重ね着けリングのデザインなどをしている人は
それはそれでひとつの完成系デザインになっています。

ただサプライズプロポーズで渡された婚約指輪が普段使いには向かないほどに豪華だったりします。
昔から憧れていた6爪のダイヤモンドリングはを買ってもらったけれど、
普段に使うにはもったいないという理由から普段は結婚指輪だけという人も多くいます。

そういう人の多くは「結婚後でも主人とのデートには着けている」「親戚や友人の結婚式などに着けます」
「子供の入学式や卒業式などのフォーマルな舞台に着けています」などという記念日に着けるという意見が多いです。
初心に返れるようで嬉しいそうです。

ただ問題があるのは着けたくても着けられないということがあるということです。
それは幸せな結婚をして、可愛い子供も授かって、
気付いたら指輪が入らなくなっていたという事態になっていたということです。
体重が増えると指も太り、ダイエットしても指はなかなか痩せてくれません。

婚約指輪が豪華であるほどに小指などにはめることはできませんので、このことも踏まえて購入しなければなりません。
購入する時の注意はアフターケアにリングの直しが入っているのかということです。
有名なブランドのお店では大丈夫でしょうが、確認をしてください。

後は憧れていた「エタニティリング」を何も考えずに選ぶと直しができない場合が多くあります。
なにしろアームにまでぎっしりと宝石が付いているのがエタニティリングの特徴だからです。
後のことを考えて「ハーフエタニティー」を選ぶ人も増えています。

婚約指輪は婚約期間が済んでも着けるという意識で選び、箪笥のコヤシなどというようなことにならないように、
毎日は無理でも特別な日には着けれる意識でいたいものです。
Copyright(C) 二人の誓いの証 All Rights Reserved.