永遠の絆

贈った人を美しく魅せる婚約指輪

婚約指輪というのは婚約期間だけにつけるものでもったいないと考えていらないという女性や
結婚にお金がかかるし、いらないと言うものを無理に買わなくてもという男性がいますが、少しだけ考えてください。
確かに二人が納得されたのならばそれはそれで正解でしょう。
しかし婚約指輪というのは一生に一度のものです。

そして婚約期間という一番輝いている幸せな時間に身に着けるものです。
婚約指輪=高価な指輪ではありません。
婚約指輪=幸せな時間の共有でもあるのです。
婚約指輪は普段使いにできるようなシンプルな指輪でも、男性が愛を込めて贈れば婚約指輪です。

そして女性はいくら口ではいらないと言っていても本当は婚約指輪というものに憧れを持っているものです。
実際にいらないと言っていた女性のほぼ全員が驚きと喜びで胸が詰まったと言うように報告されています。

たまに指輪自体は嬉しかったけれど、
好みから外れすぎていてすこしだけ残念な気持ちになったという人もいるようです。

普段から彼女の装飾品の好みを知らない場合は、
結婚指輪を二人で探している時に彼女の好みなどをさりげなくチェックしましょう。

婚約指輪は結婚前で魅力的になった女性を一層、惹き立たせながらも
自分のものという印(婚約指輪)が付いている状態です。
男性としても誇らしくはありませんか。

結婚式の前の打ち合わせや両親への挨拶などにも婚約指輪の存在は外せません。
今の時代はそうではなくとも、ご両親の親の時代というのは婚約指輪は当たり前の時代でした。
ですから婚約指輪も渡せない男性に娘はやれないという親心と
婚約指輪も買えないのに結婚なんて大丈夫かという親心で大変です。

婚約指輪をもらった娘が幸せそうに笑っている安心ですし、息子が成長した証ともとるご両親も多いのです。
婚約指輪は結婚しても普段身に着けたり、親類のお祝いなどで身に着けたりと
婚約期間だけに着ける指輪というわけではありません。
また婚約指輪を見るたびに幸せな思い出も甦る品でもあります。
Copyright(C) 二人の誓いの証 All Rights Reserved.