永遠の絆

美しさを保つお手入れ方法

婚約指輪を毎日着けている時は、
必ず毎日柔らかな布で丁寧についてしまった手の脂や汚れなどを拭き取るようにしましょう。
毎日専用のクリーナーを使うことはありません。
拭くだけでも輝きは戻ります。

クリーナーを使うのは半月に一度か1ヵ月に一度で十分です。
説明書や買った時にお手入れの仕方をよく聞いて、丁寧に扱いましょう。
また買った店に定期的にメンテナンスしてもらうことも大切です。

特に立て爪式のダイヤモンドの指輪をしている人は、ダイヤモンドがそんなにもろいはずがないと分かっているのに、
慎重になりすぎてダイヤモンドの近くほど汚れているということがあります。
ダイヤモンドの堅さと職人さんの技術を信じて拭くようにしましょう。

またアームにデザインや宝石などがはまっている時もとれないかと心配したりしますが、きちんとはめこまれています。

また何よりもアームに何かしらの細工が施された指輪はサイズが治せないことが多いので、
婚約指輪の手入れも大切ですが、指の方もサイズが変わらない様に努力しなければいけません。
ある意味、長く着けておきたいのならばシンプルなデザインでお直しが出来る指輪を選んだ方がいいでしょう。
店によっては全くできないところもありますので確認して購入してください。

しかもこれは男性がサプライズで婚約指輪を購入する際にも気を付けなければならないことなのです。
女性の憧れのエタニティリングを喜んでくれるとばかりに選び、何もしてなければいいのですが、
リングに言葉やイニシャルを刻んでしまったうえに合わないということになれば話になりません。

何号と聞いていたのに…というのは何年前の記憶ですか。
婚約指輪のサイズ交換が必要になる場合は余計なことをしないで、
後にメッセージを刻むということをした方がいいでしょう。

婚約指輪が汚れるのが嫌だからとしまっていて、逆に手入れをしなくても劣化してしまいます。
特別な日には身に着けてメンテナンスを欠かさないようにしましょう。
Copyright(C) 二人の誓いの証 All Rights Reserved.