永遠の絆

婚約指輪のサイズ直し

婚約指輪を渡した時にサイズが合わなかったら直す必要がありますが、
直す時間も必要ですので、早めに購入してプロポーズの時に渡した時に一番にするのはサイズ確認です。
時間がかかる上に、切断、溶接、新たに磨くという直し方ですと、婚約指輪事態に負担がかかります。

男性がサプライズプロポーズしたい時にはよくサイズを確認して、
またどうしても合わなかった場合のサイズ直しの方法を確認した方がいいでしょう。

新品の場合はアームごとかえてくれる場合がありますが、
難しいデザインの場合はお直しがかなり困難になる場合があります。

婚約指輪もずっと着けているのですが最近は指から抜くのに苦労しているとか、
この間久しぶりに着けたら指に入らなくなったということはよく聞かれます。
あまり無理に指に着けていても身体によくはありませんので、
直しかリフォームかという方法をとった方がいいでしょう。

しかし婚約指輪の初めてのサイズ変更ならば、直しでもいいでしょう。
年齢を重ねると余程のことがない限りは婚約指輪が指に入らなくなるということが多いのです。
これは結婚後に子供を産んだりしたことなども深く関係しているために、恥ずかしがらずに直してもらいましょう。

箪笥のコヤシにするにはもったいないといえます。
直す方法は後ろの部分を切り、アームに使われている金属を付け足して、溶接するのだそうです。
その後にリングの境が分からないようにやすりなどで削るのだともいわれています。
そのために少しですが薄くなってしまいます。

指輪の少しは元々が薄めの細いアームほど負担になりますので、頻繁のお直しはお勧めではありません。
少しゆとりを持って治せば一度の直しで十分でしょう。

また重要なのは購入した店がいつまでお直しに対して対応してくれるかによります。
婚約指輪の場合は永久の場所も多いのですが、年単位で切られている場合や、
お直しはしていないというところもありますので、購入の際に確認しておきましょう。
Copyright(C) 二人の誓いの証 All Rights Reserved.