永遠の絆

男性が思う婚約指輪の印象

男性は結婚を考えた時に一応婚約指輪のことも考えるようです。

しかし婚約指輪をもらわない女性が増えていると知ったら
「婚約指輪いるのか」などということを女性に聞いてしまうそうです。
男性にしてみれば純粋な疑問なのですが聞かれた女性の大半はショックを受けるそうです。

元々婚約指輪とは聞いて渡すものではありません。
男性が贈る愛の証でした。
このことに関しては女性のデザインが…ブランドが…などというこだわりから、
安いものではないので買い直しにならないようにという考えから、二人で選ぶようになったという背景があります。

男性は自分ではよく分からない指輪に悩まされなくて済むし、女性は好きな指輪が選べるしと、
いいことのように思われますが、実際にこれが婚約指輪を女性から遠ざけている要因ともなっているようです。

結婚前のお金がかかる時に、その結婚相手から「婚約指輪いるのか」と聞かれることは
「婚約指輪が必要か」という意味にも取れます。
そう言われて「絶対必要」と言いきれる女性は少ないのです。

これから結婚する相手に遠慮してやっていけるのかと思っても、
結婚前に嫌われたくないとか、厚かましいと思われたくないという心理が働きます。
一方、男性は「いらない」と言われたら素直に信じることが多いようです。

実際に結婚指輪をするのに婚約指輪をする期間などどれだけあるのかという気持ちがあるようです。
だったらこれからの生活に必要な物がよいものが買えるという考えです。

男性の婚約指輪に対する印象は婚約期間に着けている指輪という印象が強いようですが、それだけではありません。
結婚を考えるほどの女性ですので本当にいらないと思っているのか、遠慮しているだけなのか分かりませんか。

考えは言葉にしないと伝わりません。
それはお互い様です。

ですが彼女の性格はある程度分かっているのではないですか。
どんなところが好ましいと望まれたのですか。
婚約指輪は男性が女性に贈る愛の証であることは長い歴史が語っています。
Copyright(C) 二人の誓いの証 All Rights Reserved.