永遠の絆

何で選ぶ?指輪デザイン

婚約指輪を選ぶ時に基準にするのはリングのデザインよりも宝石に目がいってしまうのではありませんか。
特にダイヤモンドには「4C」http://www.alexihandbags.com/re.htmlと呼ばれる独特の基準があり、
その中でもCUT(カット)は人間の手によって生み出される様々な形をした芸術品といってもいいでしょう。

「ブリリアントカット」は最もポピュラーと呼ばれるダイヤモンドのカットの形で、
丸形に仕上げたダイヤとして定番です。
ですが、ダイヤモンドの魅力を最大限に引きだす形とされる中心から放射状に輝くのが特徴です。

「オーバルシェイプ」はダイヤモンドがもっとも大きく見えるとされるカットの形です。
真上から見ると小判のような楕円形で、丸形より存在感があるのでアームのデザインとのバランスが大切になります。

「ハートシェイプ」はハートの形にカットされたダイヤモンドで、まさに婚約指輪に相応しいカットの形です。
ピンクダイヤモンドにカットされることでますますその可愛らしさに心奪われます。
基本はブリリアントカットの変形であり、ロマンチックなフォルムから人気があります。

「ペアーシェイプ」は片方の先端が尖っていて洋梨(ペアー)に似ていることから、付いた名前ですが、
他にも涙の形をしていていることから「ティアドロップ」とも呼ばれています。
婚約指輪には選ばれにくいのですが、独特のフォルムが人気の高いのです。

「マーキスシェイプ」はフランス語で「侯爵」の称号を意味する、
ルイ15世の頃に流行ったカッティングで、クラシカルな個性のカットです。
実際のカラット数よりもダイヤモンドを大きく見せられるのも特徴となっています。

ダイヤモンドのカットだけでもこれだけあるのです。
これにCARAT(カラット)http://www.e-brandshop.jp/3.html
CLARITY(クラリティ)http://www.eveiskstores.com/sitte.html
COLOR(カラー)http://www.jordinsparks.cc/dai.html
で4Cとされています。
婚約指輪の基本的なデザインや人気のあるデザインが気になる方はこちらに載っていますので参考にすると良いでしょう。
アームのデザインや全体のデザインによっては他の宝石も付いたりしますが、
すべてを見て、最終的に下されるのは個人の好みになるのもまた個性でしょう。
婚約指輪はデザインをすべて自分で決めて注文するオーダーメイドとパーツを好きようにな組み合わせて作るセミオーダー、既製品から選ぶ方法があります。
既製品の場合はあまり時間をかけずに用意することができますが、オーダーメイドの場合は出来上がるまでに時間がかかります。
なので、http://azveteranseducationfoundation.org/7.htmlにもかいてあるように必要になる数ヵ月前から準備にとりかかるようにしましょう。

Copyright(C) 二人の誓いの証 All Rights Reserved.