永遠の絆

婚約指輪の素材は何が使われてる?

婚約指輪に使われている素材に使われているのは日本ではほぼ9割がプラチナというほどに、
プラチナの普及率が高く、普段はプラチナを選ばないような人も婚約指輪にはプラチナを選ぶ傾向にあります。

その理由はいろいろあるようで、まず耐久性が高く長く保たれ、劣化せずに変色しないのです。
プラチナは化学的安定性がとても高く、独自の色調を保てています。
またプラチナは金属アレルギーが起こりにくいことから選ばれます。

次にダイヤモンドと相性がいいのも選ばれる理由です。
今や婚約指輪の大部分を占めるといってもいいダイヤモンドはその堅さや輝きから
「永遠の変わらない真実の愛」という意味が込められ、その点からも婚約指輪として愛の証となりました。

高品質である無色透明のダイヤモンドは、白い貴金属であるプラチナと組み合わせることで、
無垢な輝きをよりいっそう引き出す組み合わせなのです。

ちなみにプラチナにも、2人の永遠の愛の象徴に相応しい
「LOVE=Platinum」(ラブ イコール プラチナ)という公式で表されています。

そしてなによりも冠婚葬祭に着けやすいというのもあります。
特に「葬」の部分においても控えめなプラチナでしたら嫌味にはならないという理由もあるようです。

結婚したら夫人として夫の傍らに立ちます。
そういう意味でも親戚の前でも恥ずかしくない「冠婚葬祭」に着けられる指輪を
婚約指輪として贈っておくというのは大切なことでもあります。

しかしこれは世界の1/4のプラチナを仕入れている日本の場合いであり、欧米ではゴールドが主流になっています。
これは昔から欧米においては金の指輪が贈られていたために伝わっていた伝統でもあるのでしょう。

また日本にはない考えであるイエローゴールドの不変性が 「悪魔から身を守る」とも言われているから、
特にイエローゴールドが人気があります。
イエローゴールドの特徴としては腐食しにくく、輝きが失われないという事があげられています。
Copyright(C) 二人の誓いの証 All Rights Reserved.