永遠の絆

金属アレルギー対応の指輪

金属アレルギーの女性は婚約指輪を憧れているだけで、諦めているという傾向は強いのです。
だからこそできるサプライズプロポーズができるともいえます。

婚約指輪だからこそ毎日付けなくてもいいのだというメッセージも添えられます。
婚約指輪の状況で結婚指輪を着けられるかも分かります。

婚約指輪になる金属アレルギー対応の指輪は、リングには医療用のステンレスを使っており、
宝石に対してはアレルギーがないものとして自由に使われています。
ダイヤモンドも使っています。

宝石店などで専門的に注文する場合は本人を連れていった方がいいでしょう。
ただし本人に嫌だという気持ちや恐怖心がある場合は無理をせずに宝石の裸石だけを贈るのもいいでしょう。

イリジウムは非常に安定度の高い金属ですが、それでもアレルギーのもっていない者に
アレルギーの恐怖や苦しさが分からないのですから婚約指輪の押し付けはやめましょう。
ダイヤモンドの裸石を贈りプロポーズしても十分に気持ちは伝わるでしょう。

最近はビーズアクセサリーなども流行っています。
もし貴方の手先が器用ならビーズで土台を作り、裸石をはめ込んで本当の手作りの婚約指輪を作ってみませんか。
自分一人では無理ならば、教室などを利用したり、専門に作っている人のホームページなどのビーズアクセサリーには
とてもビーズで作ったようなものとは思えないような芸術品もあります。
それを婚約指輪として購入してはいかがでしょう。
本当に手で作られた手作りの品です。

ただしワイヤーにもアレルギー反応があるようでしたら強い糸で自分で作っていく必要があります。
その場合は糸に宝石を着けられませんから本当に簡単なものになるでしょう。

また完全なる天然石のリングというものがありますので、できましたら試してみてください。
着けるのはシンプルなものでも裸石という贈り物とプロポーズの言葉は残るでしょう。

着けられないものに意味がないなんてことはありません。
諦めていたからこそ嬉しいこともあるのです。
Copyright(C) 二人の誓いの証 All Rights Reserved.