永遠の絆

ずっとつけて居たくなるデザイン

婚約指輪は華やかな印象がありますが、
最近は家事や仕事の邪魔にならないように着けていられる指輪が好まれています。
大きな宝石がアームの外側に付いているのではなく、アームと一体化しているようなデザインです。
それでしたら着けていてもひっかけてしまうということはありませんし、
結婚指輪と重ね着けしても違和感はありません。

ただアームの中に宝石が入るというデザインになるのでアームが太くなるデザインで、
結婚指輪は覆われて形になるといえるかもしれません。
しかし邪魔にはならなくても考えていたような婚約指輪と違ったものは選びたくはありません。
そんな時にはセミオーダーで自分の思った通りのデザインを作るのです。

サプライズプロポーズがしたい男性にとっては残念ですが、
ある意味自分が着ける指輪ではないためにここは女性の意見が大いに必要になります。
ですが横でただのお財布としているよりも積極的に意見を出しましょう。
その方が彼女も喜びますし、二人で創った婚約指輪としてさらに思い入れは深まります。

女性が店員と上手く話していれから装飾品の知識がない男の意見なんて邪魔だろうなんて決めつけないでください。
女性は男性が意見を言ってくれるのが嬉しいものですし、話を聞いてくださる店員はプロです。
豊富な知識から的確な指輪を作る手伝いをしてくださるでしょう。

どうしても華やかな婚約指輪になってしまうという人も
そんなに神経質にならなくても簡単に宝石が取れるような職人の技術の指輪ではありません。

傷がつくのが嫌だから婚約指輪を着けていられないという悩みがある人がいるようです。
ですが、小さな傷ならばアフターケアによるメンテナンスによって綺麗にしてもらうことができますし、
やがては傷自体も婚約指輪の歴史となっていくでしょう。

大切だからと箪笥のコヤシにしてしまわずに、結婚生活においても着けられる指輪を二人で創りあげていきましょう。
離したくないようなデザインが理想の婚約指輪です。

結婚をしてしまうと結婚指輪を常に身に着けることになるため、婚約指輪をつける機会はほとんどなくなります。
高価なもののため大切にしまっておきたいなんて女性も多いのですが、
最近では婚約指輪と結婚指輪をセットリングとして使用できるデザインが人気で、女性だけでなく男性も婚約指輪をつけるケースもあるようです。
Copyright(C) 二人の誓いの証 All Rights Reserved.