永遠の絆

贈りたい贈られたい婚約指輪

婚約指輪で人気なのはダイヤモンドです。
他にも誕生石や彼女が好きな宝石を選ぶ人もいますが、男性がプロポーズと共にサプライズ的に贈る場合、
相談される側もダイヤモンドをアドバイスとして勧めることが多いそうです。

それはダイヤモンドの無色透明な輝きがピュアさ純粋無垢を表し、
世界一堅いとされる鉱物ゆえに「変わらない=永遠」を意味しているからです。
ちなみに輝きも一番光を反射しやすいためにさらに増してみえます。
アームのプラチナも同じような意味があり、日本の女性には人気があります。

ダイヤモンドは高価だから…としりごみしそうですが「4C」の価値によって差があるのもダイヤモンドです。

意外とこの値段でダイヤモンドなのかというような指輪も珍しくはありませんので、
見る前から高級と決めつけることはありません。

これからお金がかかるからという理由で婚約指輪を贈らない、もらわないという人も今では大勢いるようですが、
婚約指輪は一生に一度のものであり、その時にしか意味がないものです。
例え男性からすればこんなものを渡すくらいなら渡さない方がマシなのではなのではないのかというような指輪でも、
女性にしてみれば言葉と共に贈られる指輪が婚約指輪なのです。

そもそも婚約指輪は別にしても結婚式や結婚後の生活についてお互いに認識していないと
結婚のことを考えるまではいかないでしょうから、女性の方も男性の事情も分かっているのではないでしょうか。

ただしサプライズで指輪を渡す時に気をつけなければいけないのは女性の指輪の好みとサイズを知っておくことです。
まだサイズはその場では気まずかったり、笑い話になったりもしてお直しが出来ます。

ですが、細身でシンプルなデザインが好きな女性に
豪華そうに見えたからとアームがゴテゴテした指輪を贈ったりします。
そうすると、好きなブランドがある女性にそのブランド以外の指輪を贈ったりするのは、
好みの物と違うという気持ち以上にNGな事になります。

これから結婚する相手が自分を分かっていなかった気持ちでがっかりさせてしまいますので、
気を付けて日頃からよく見ておきましょう。
Copyright(C) 二人の誓いの証 All Rights Reserved.