永遠の絆

貰って嬉しい指輪のデザイン

婚約指輪のデザインは本当に様々な形があります。

「ソリティアリング」はシンプルでありながら、
真ん中に施された一粒のダイヤモンドの美しさが輝くエンゲージリングの代表的デザインです。
ウェーブラインやVラインなどといったアームもあり、指に合うデザインも揃えられています。
フランス語でソリテール「単独」という意味からつけられた名は、不動の人気を誇っています。

「エタニティリング」はアームにまで宝石が途切れることなく散りばめられた、
「永遠に変わらない愛」を形にしたリングです。
ただしアームまで宝石が埋め込まれているためか、最近ではサイズ直しができないことが多いリングで、
将来的にも長く使いたい時には太ることの許されないリングです。
そのためかお直しの可能性のある「ハーフエタニティー」が人気があります。

「サイドストーンリング」はその名前の通りに真ん中に宝石を据え、
脇にメレーダイヤモンドを配した華やかなリングです。
配置によって雰囲気が変わりますので、デザインを変えることもできます。
3つのダイヤモンドが並んでいるところは、女性の過去と現在と未来を表すデザインリングとも言われています。

「クラシカルリング」はアンティークジュエリーによく用いられる意匠や
古くから受け継がれてきたデザインを取り入れたリングタイプです。
繊細な細工と趣のあるデザインは人生をともにすごしていく婚約指輪に相応しいと選ばれています。

「ピンクダイヤモンドリング」は中央のダイヤモンドの側に可愛いピンクダイヤモンドが添えられたリングで、
婚約指輪ならではの愛らしさが人気のデザインです。
ピンクダイヤモンドは着色されたものではなく、本物の天然ピンクダイヤモンドが使われています。
巡り合う確率が少ない事から「運命の象徴」の石とも言われており、婚約指輪でも高い人気になっています。

他にもリングのデザインはいろいろあります。
店舗によっては100種類近くも珍しくはない上に、今もデザイナーの手によって生み出されるリングがあるのです。
Copyright(C) 二人の誓いの証 All Rights Reserved.