永遠の絆

婚約指輪の歴史と由来

婚約指輪が誕生したのは古代ローマ時代と言う説がもっとも多く、鉄の指輪だったとされています。
しかし後に、金の婚約指輪を花嫁に渡す習慣が生まれ、
さらには婚約者が自分のイニシャルを指輪に彫り込んで婚約相手の女性に贈るようになったと言われています。

ただ婚約指輪の由来はもうひとつあります。

それは紀元2世紀シグニットリングと呼ばれ、男性はゴールドの指輪するようになります。
女性にカメオの指輪を贈ることによって、
その家における家事全般を取り仕切れる権利を認めることであるという意味があったそうです。
しかし後には女性もゴールドの指輪をはめるようになったためにこちらの説はそれほど有名ではありません。

紀元後4世紀初めになりますと指輪の内側に「honey」というような文字が刻印されるようになっていきました。
それから後に、ローマ法王が結婚の前に婚約期間を奨励したことから
婚約指輪と結婚指輪の区別がなかったはずの指輪に、婚約指輪という婚約期間に着ける指輪が誕生しました。

ちなみに5世紀のローマの書物には、婚約指輪は左手の4番目の指に着けられたと書かれています。
それはこの指の静脈が心臓に直接繋がっていると信じられていたからであり、その習慣は今も受け継がれています。

さらには西暦860年に教皇ニコラス1世が
「婚約発表には婚約指輪が必要である。
 夫となるものは高価で経済的な犠牲を払わなければならないような指輪を将来の妻に贈るべし」
というような決まりを作ったために、中世ではサファイアやルビーが婚約指輪の主流として使われるようになりました。
婚約指輪が高価なものとなりはじめ、男性の甲斐性が試されるようになったと言えます。

1477年にドイツのモロルティンガー博士の助言により、
後に神聖ローマ帝国皇帝となるマクシミリアンはブルゴーニュのマリー公女との婚約に対して指輪を送りました。
贈った婚約指輪は純金のリングにダイヤモンドでMの字をかたどるという、
史実に残る初めてのダイヤモンドの婚約指輪です。
それからは婚約指輪にはダイヤモンドが愛の証として贈られるようになったのです。
最近ではダイヤモンドではなく誕生石http://www.my-art-gallery.net/tan.htmlを選ぶ方もいるようですが、
やはり定番のダイヤモンドを使った指輪が人気のようです。
使用するダイヤモンドのランクにより指輪の金額が変わってくるので4Chttp://www.nybma.com/2c2c.htmlについても知っておくと良いでしょう。

Copyright(C) 二人の誓いの証 All Rights Reserved.